イギリスに旅行する醍醐味

お茶がお勧めできる点

イギリスといえば、紅茶です。そのために旅行に行く、ということすら、お勧めできるのです。紅茶の本場で飲みたい、と言うことを実現するだけでも、十分に価値のある旅行であるといえます。それこそ、日本でキチンとした茶道でお茶を飲みたい、と言う理由で日本に来ることを馬鹿にできないのと同じです。それだけの価値があるのです。イギリスの文化や生活の中に、しっかりと紅茶を飲む習慣があるわけですが、実はそこまで高尚なものではなくなっています。日常的に飲むものですから、喫茶店も多くありますので、観光にいくならば、色々と飲みまわってみると良いです。

紅茶を飲みにいくだけでも

イギリスにおける後者は、最初こそ、嗜好品であり、高級品だったのですが、すぐに労働者階級に普及したのです。砂糖を入れて、活力を出すために飲んでいた、という実はかなり実用性があったから飲んでいたものなのです。昔はよい水が手に入らなかったので、朝からビールを飲んでいたのです。しかし、紅茶は煮出して飲むものですから、十分に殺菌されているわけです。そうした歴史的な背景も知っておくことです。ロンドンのストリートのカフェでお茶を飲む、ということを目的に旅行をする、というのも非常にお洒落でよいものです。それだけでも旅行に行く意味がある、魅力がある、といえます。もちろん、ロンドン市内も観光名所が多いですから、それも期待できます。